結婚指輪 Archives | 名古屋市内で手作り指輪つくっちゃう?

HOME » 結婚指輪

結婚指輪

結婚指輪の予算の決め方

予算は決めておくべし

結婚指輪を購入するのなら、あらかじめ予算は立てておいた方が良いでしょう。結婚を控えているのなら、かなり出費が重なります。「夫婦によりけり」と言われると反論できないものの、いつもより多めの出費に関しては共通しているはずです。
だからこその予算です。予算をあらかじめ決めておけば、必要以上の出費は防げます。また効率よく指輪も探せるので、タイパにも繋がるでしょう。
≫ 『結婚指輪の予算の決め方』

カラフルな結婚指輪

定番の結婚指輪カラー

結婚指輪の定番は、プラチナとゴールドです。プラチナの白い輝きと、黄金色に輝くゴールド。2つの素材は、多くの愛を紡いで来ました。
しかし結婚指輪の種類は、何もプラチナとゴールドだけではございません。取り扱われているお店はかなり限られますが、ジルコニウムやタンタルを使った素材も注目されています。ジルコニウムは、銀色の素材です。プラチナと比べると鋭い輝きを放っています。プラチナと比べると黒味を帯びているのが、タンタルです。タンタルは大変頑丈な素材となっており、宇宙分野にも使われているほどです。
≫ 『カラフルな結婚指輪』

店の評判!確かに気になるけど頼り切りはNG

店の評判は気になる?

結婚指輪を選ぶ際に、意外と気になるのが店の評判でしょう。選ぶのであれば、評判の良いお店にしたいもの。評判が良いのには、必ず理由があります。サービス内容や接客が良かったかもしれません。結婚指輪そのもののクオリティが高いのも、理由として挙げられるでしょう。
しかし、評判だけで結婚指輪を選ぶのはオススメできないのも事実。参考にはなりますが、100%信頼できるとも限らないのです。
≫ 『店の評判!確かに気になるけど頼り切りはNG』

ダイヤモンドのお値段について

ダイヤモンドにも色々とある

「ダイヤモンド」と一言言っても、種類はピンキリ。0.4カラットのダイヤモンドなら、安いものでも10万円以内で購入できます。ただ同じ0.4カラットでも、40万円ほどの値段がつくダイヤモンドも…。重さは全く同じであるにも関わらず、値段の差は倍以上。ここまで差が開いている理由は、ダイヤモンドそのものの「質」にあります。
ダイヤモンドの質は、カラット・カット・カラー・クラリティの4つの要素で決められます。4つの要素の頭文字を取って「4C」と呼ばれています。
≫ 『ダイヤモンドのお値段について』

結婚指輪を右手にはめる

奇跡を祝福して

どこの国でも文化でも、好きな人と一緒に生涯を過ごすのは大変素晴らしいことです。奇跡を祝福するかのように、結婚指輪も多くの国で使われています。日本では左手薬指に結婚指輪をはめますが、国によっては右手に結婚指輪をはめる所も少なくありません。
結婚指輪をどの指にはめるかにより、意味合いは大きく違います。
≫ 『結婚指輪を右手にはめる』

結婚指輪をする?結婚指輪をしない?究極の方法は?

結婚指輪をしない選択肢

男性の多くは「結婚指輪をしない」という、選択肢を取る方がいらっしゃいます。試行錯誤の上にようやく見つけた結婚指輪をです。しかも値段もかなり高く、必死で家計をやりくりしてきたという方も多いでしょう。
ではなぜ、男性の多くは結婚指輪をしてくれないのでしょうか。探ってみました。

≫ 『結婚指輪をする?結婚指輪をしない?究極の方法は?』

値段の安いプラチナの結婚指輪はどこにある?

プラチナの結婚指輪はそれなりの値段がする

2つ合わせて100円で済む、プラチナの結婚指輪は流石に存在していません。でも、相場よりも安い値段の指輪なら、工夫次第で入手可能。もちろん品質を落とすことなく、アフターサービスも万全な状態でです。
では、何をどう工夫したら、プラチナの結婚指輪を安く購入できるのでしょうか。探ってみました。
≫ 『値段の安いプラチナの結婚指輪はどこにある?』

スイートテン!結婚10年目に伝えたいこと

10年が経ちました

結婚してから10年目。10年の間に幸せもあれば、辛いこともあったかもしれません。ただ10年も一緒にいた奇跡。もしかしたら、2人の間にはお子さんもいらっしゃるでしょう。
でも結婚して10年目は、スタートラインを少し超えただけ。これから60年も続くのです。60年先も幸せに過ごせるように贈られるのが、スイートテンです。
≫ 『スイートテン!結婚10年目に伝えたいこと』

結婚指輪に使われている石について

結婚指輪に使われている石とは?

結婚指輪にアクセントをつけるのなら、石を使ってみてはいかがでしょうか。「石を使う」と言っても、その辺に落ちている石を指輪に使うわけではありません。所謂「宝石」です。
結婚指輪に使う石として、最も人気が高いのはダイヤモンド。
でも結婚指輪に使う石は、何もダイヤモンドだけではありません。では、どういった石が使われているのか、探ってみました。
≫ 『結婚指輪に使われている石について』

指輪を身につけづらい男性へ

指輪は身につけづらい

男性の中には、結婚指輪を身につけるのに抵抗を感じるかもしれません。独身時代から指輪を愛用しているのならばまだしも、結婚後に指輪をつけるのは考えもの。実際に結婚指輪を購入しても、身につけない男性は大勢いらっしゃいます。
しかし愛の証でもある結婚指輪を身に着けないとなると、相手の女性は悲しむもの。
≫ 『指輪を身につけづらい男性へ』